ちょっと、そこまで。

大阪のおばちゃんの散歩や日々の事をつらつらと。

伊根の舟屋と天橋立旅行 その①

海の京都と呼ばれている
伊根の舟屋と天橋立に行って来ました
今回は一人旅でなく二人旅です。

 f:id:wasabi110:20170826221837j:image

私は本来なら大阪から出発ですが
ちょっと訳ありまして
今回は京都から出発する事になり高速バスを利用。

 

行き 京都→伊根 3200円
帰り 天橋立→大阪 2800円

丹後海陸交通 高速バス

 
京都からなら伊根まで直通のバスがあるんですね、

伊根ライナー
なんだか変身しそうな名前です。

京都駅~伊根直行 乗り換えなし高速バス 天橋立伊根ライナー | 丹後海陸交通株式会社

ちなみに大阪から高速バスで行くと天橋立までで、
そこから乗り換えて路線バスか船で伊根まで行きます。

 

 

友達と合流し
8:10発の高速バスにのり京都を出発
伊根着は11:00頃です。
2時間程で伊根浦公園に到着です。

 

f:id:wasabi110:20170826211348j:image

はぁーーーー

なんと静かな場所なんでしょう。

海も透明度も高く綺麗です

 

少し観光してから、早速ランチへ。
まず道の駅に向かいます

舟屋の里 伊根 [ Hunayanosato Ine ]


バス停の近くにいた役所の方に
歩いてどれ位ですか?と訪ねてみたら
伊根浦公園から600メートル位かなとの事

『カートが送迎で走ってるから、もし見つけたら乗っけてもらえるよ』
『それか、歩いて途中の階段上がるといいよ』

との事でしたので、とりあえず道の駅へ向かって歩く事に。

 

途中、舟屋日和という
カフェとお寿司屋さんがある施設?に到着。

伊根町観光交流施設 舟屋日和


そこでもランチが頂けますが
行きたいお店が決まっていたので
道の駅まで歩こうとしたら

カート発見!!!

おっちゃん待って!

 

『すいませ〜ん、す、すいませ〜ん!!』

 

と2人で大声で叫んで走って
なんとか乗せてもらいました
このカート、お客さんは3人しか
乗せてもらえません。
先に2人乗ってると、もう1人しか無理です
知らずに、カートだ!って
友人と必死で止めたら
それはそれはショックを受けますので

お気を付け下さい。

 

ちなみに歩いてでも大丈夫な距離です
あの長〜い階段さえ、頑張れば、、、

 

なんとかカートに乗れて
道の駅「舟屋の里伊根」に到着
早速、調べてきた『油屋』へ

[食べログ]アクセスが制限されています

 

色んな方のブログに並ぶと書いてありましたが
ほんまに並びました1時間は余裕で並びます。

f:id:wasabi110:20170826211940j:image
ちなみに11時30分OPENと食べログには
書いてあるのですが、たまたまだったのかは
わかりませんが 12時OPENでした

 

1時間半は待ったでしょうか、、、
ちなみにランチメニューは
海鮮丼か青島定食のみです。
迷う時間はたっぷりありましたので迷いに迷い
でも、評判は海鮮丼だしこれにしよ!と
2人共海鮮丼にしました。

f:id:wasabi110:20170826212057j:image

少なく見えた海鮮丼
ところがどっこい食べても減らない、、、
お魚も新鮮で身も厚く
とても贅沢な海鮮丼で美味しいけど、
ちょっと多いかも、、、
頑張って食べたけど、完食は無理でした
ごめんなさい。

 

横の席のご夫婦が食べていた
青島定食、次はあれを食べます。
完食出来ない自信はあるけど
めっちゃ美味しそうでした。

 

食後はカートのおっちゃんも見つけれず
テクテク階段を降りて次の場所へ

お次は海上タクシーで舟屋見学です
予約しておいた『亀島丸 』30分 ¥1000

f:id:wasabi110:20170826212252j:image

京都伊根の舟屋めぐり遊覧船亀島丸


遊覧船も有りますが、大きいので
あんまり舟屋の近くにはいけません
海上タクシーなら、そこそこ側まで行って
もらえます。

f:id:wasabi110:20170826212618j:image

亀島丸

f:id:wasabi110:20170826212448j:image

寅さんや釣りバカ日誌の撮影地をめぐります

白い紐みたいな暖簾がかかってる舟屋が

釣りバカ日誌の撮影場所だって。

 

f:id:wasabi110:20170826212545j:image
カモメのエサやり体験もあり

なんだかヒッチコックの鳥という映画を思い出しました。

船長さんの流暢なガイドで舟屋の歴史を聞きながら
ど演歌のBGMも鳴り響きカモメに追われながら
あっという間の30分とても楽しい時間でした

 

f:id:wasabi110:20170826213049j:image


あと、希望者は舟屋の中も見学させてもらえます。
下船し船長の奥様の車で舟屋へ向かいます。

f:id:wasabi110:20170826214117j:image

5分程で到着

 

f:id:wasabi110:20170826213956j:image

おおー。
こんな風になってるんですね

f:id:wasabi110:20170826214054j:image

へぇーすごーい

 

そうそう

とあるアイドルのとある番組で

島に舟屋を作る時に見学に来たそうですよ。

 

f:id:wasabi110:20170826214028j:image

青く綺麗な海です

『こっから孫が飛び込んでサザエとかとって遊ぶんよ』

 

ええなぁ、孫。

 

f:id:wasabi110:20170826215432j:image

ミニオンもご機嫌です。

 

今回は伊根で宿泊せず
天橋立で宿をとってあるのですが
後悔、、、
これは伊根まで来るなら舟屋に泊まるべきですね。

f:id:wasabi110:20170826214307j:image

 

その後、帰りのバスの時間まで
釣りを楽しむのいいけれど

<伊根・体験>地元釣りガイドと楽しむ「伊根の釣り体験」 | リラクル京都海旅(天橋立広域)


やっぱり暑いので

行きに寄った舟屋日和の中のカフェ
『INE CAFE』でゆったり。 

 

f:id:wasabi110:20170826215231j:image

 

はぁー綺麗な海

クーラーの効いた室内で海を眺めます
もうここから離れたくないです
普通のジンジャーエールも美味しく感じます。

 

そんなこんなで
あっと言う間に終わった伊根の舟屋巡り
名残惜しいですが、天橋立に向かいます

伊根から天橋立まで路線バスで1時間程です。
たしか440円でした。

丹後海陸交通 路線バス


ちなみに土日のみ運行している
『ぐるっと丹海周遊バス』なら200円で乗れます所要時間も停車駅が少ないのか10分程早く到着するみたいです。
ただ、こちらはそんなに本数ございません。

ぐるたんバス 天橋立・伊根の観光交通|丹後海陸交通株式会社

 

さらに、バスだけでなく航路もあります
所要時間50分程 1500円
船で移動もいいかもしれませんね。

天橋立・宮津~伊根 伊根航路 天橋立・伊根の観光交通 | 丹後海陸交通株式会社


本日のお宿は旅館 松月
対応は暖かく丁寧なのですが
なんせ古い旅館なので色々残念な感じでした。

やっぱり伊根に泊まれば良かったなぁ。

 

長くなったので天橋立の事は次に書きます。